給与は低め

男女

選ぶときの注意点

沖縄でも少子高齢化は進んでおり、医療や介護、看護といった特定の分野では常に求人がある状態です。ですが全国平均や内地での状況と比べて、沖縄は求人数が少なく、選択肢が少な目であるという特徴があります。また給与水準がかなり低めであるので、内地から移住してこようとする人はその点を意識して生活していかねばなりません。沖縄でも場所によっては生活費がかなり抑えられるので、給与が低くても生活はしていけますが、高い水準の給与を求めるのならばよく考えなければなりません。沖縄で求人を探すときは、ハローワーク、各種求人サイト、人材紹介エージェントといった選択肢があります。求める職種や勤務地、条件により最適なツールは異なるので、必要に応じて使い分けましょう。離島で暮らしたい場合、看護士や医師、保育士、介護士などの特定の職種を除くと正社員求人がほとんどないこともあるので、その点も覚悟して選ばなければなりません。求人の種類が最も豊富なのは県庁所在地である那覇市です。那覇市は他の市町村と比べて家賃などの生活費がかかる傾向にありますが、教育環境も整っていますし生活も便利なのでたいていの移住者は那覇市を選択します。職種も豊富なので求人を選ぶときも比較的選びやすいのです。ただ都心部のように条件にこだわるのは難しいことも多いので、妥協できる点はどこかを考えて探しましょう。土地柄、車通勤はほぼ必須となるので車の運転はできるようにしておくのがおすすめです。